スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< リンパマッサージとは? | 

リンパマッサージの方法

リンパマッサージは、リンパ液の流れる方向に向かってゆっくりやさしくさするようにマッサージします。
リンパマッサージの方法
リンパ液は最終的に左鎖骨の上にあるくぼみのところで静脈と合流して、そこで血液中に戻って心臓に戻りますので、まず鎖骨の上の部分からリンパマッサージしてリンパ液がスムーズに血液中に戻れるようにしてあげます。
リンパ節は足の付け根やわきの下、腹部などに集中して分布していますので、リンパ液をリンパ節に流し込むようにリンパマッサージしてあげます。
まず心臓に近いところから手足の指先へと順に遠いところへおこなって(さする方向は心臓の方に向かって)リンパ液の通り道を確保し、末端まで行くと今度は逆に手足の指先から心臓に近いところへと順に戻っていきます。

乳がんや子宮がんなどの手術や治療によってリンパ節を切除することによって二次性リンパ浮腫の場合は、その流れの悪い部分の流れをよくしてから全身のリンパマッサージを行うようにしないと、他の部分で活発になったリンパ液の流れがこの部分で滞留してしまいかえってリンパ浮腫の症状が悪化してしまうこともありますのでまずこの流れの悪い患部からリンパマッサージを行います。
一般的に乳がんではわきの下のリンパ節が切除され、子宮がんでは足の付け根のリンパ節が切除されます。
リンパ液の流れが悪いリンパ節に流さないように迂回させて流れの正常なリンパ節に流し込んであげます。


スポンサーサイト