スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< リンパ節炎の症状 | リンパマッサージとは? >>

悪性リンパ腫の症状・治療

悪性リンパ腫とは、白血球に一種であるリンパ球ががん化することによっておこるリンパ系にできる悪性腫瘍、つまりリンパ系のがんのことをいいます。
白血球はリンパ節中に密集していて、リンパ節が腫れることが悪性リンパ腫の特徴であって、がん性のリンパ球は単独のリンパ節だけにとどまるケースもありますが、リンパ管を移動してほとんどの器官に広がってしまうケースもあります。

悪性リンパ腫は大きく分類すると、ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫があり、ホジキンリンパ腫は欧米でよく見られるタイプの悪性リンパ腫であって日本では約10%ほどに過ぎず、大多数が非ホジキンリンパ腫です。
非ホジキンリンパ腫は、ホジキンリンパ腫より悪性リンパ腫細胞が骨髄や皮膚、胃腸管などに移る可能性が高いので治療も困難になります。
リンパ系は全身に張り巡らされたネットワークですので、悪性リンパ腫は全身に発症する可能性があるので、治療によって腫瘍消えたとしても再発することもよくあります。

悪性リンパ腫の症状

  • 悪性リンパ腫の症状は、まずリンパ節が腫れることによって各組織を圧迫することが原因でおこります。
    足のリンパ節が腫れるとリンパ液の流れが阻害されるので足がむくみ、胸周辺のリンパ管が腫れると、大静脈が圧迫されて頭部から心臓への血流が阻害されたり、リンパ液の流れが悪くなるため、顔のむくみを引き起こしたり、肺のまわりに体液が蓄積して呼吸困難になったりします。
    リンパの腫れが腸管を圧迫すると、食欲不振や嘔吐、重症の便秘、腹痛、腹部膨満感を引き起こします。
  • 悪性リンパ腫になると赤血球の数が減少し、貧血を起こします。
    というのも、リンパ系の1つの器官である脾臓の機能が悪性リンパ腫によっておかしくなると必要以上に赤血球を破壊してしまったり、異常な抗体による免疫機能が赤血球を異物と勘違いして破壊してしまったり、胃腸管への出血によって赤血球が失われたりするためです。
  • リンパ系は体を外敵から守る免疫機能担っていますが、悪性リンパ腫によってこの機能が働かなくなるので、重度の細菌感染にかかりやすくなります。
  • 悪性リンパ腫細胞が、皮膚に進展すると、皮膚が腫れあがったように厚くなったり、色素沈着して皮膚が黒ずんだり、かゆくなったりして、また、小腸に進展すると体重が減少したり、下痢や消化吸収不良を起こしたりします。

    これらの症状はあるものの、悪性リンパ腫は通常、痛みを伴うような我慢しがたい症状はあまり現れないので、気付いたときには症状が広範囲に進行しているケースがほとんどです。


    悪性リンパ腫の治療

    悪性リンパ腫は、全身に広がる可能性があるので、見つかった悪性リンパ腫細胞を摘出する外科手術による方法は効果的ではありません。
    ですから、通常悪性リンパ腫の治療には放射線療法や抗がん剤などによる化学療法によって行われます。
    ただし、これらはやはり副作用の問題があり、がん細胞を破壊すると共に、正常は細胞にも損傷を与えてしますので、悪心や嘔吐、血球数の減少、脱毛などの症状が現れます。
    その他、悪性リンパ腫細胞に有効な抗体を用いた抗体療法などが新たに試みられていますがまだまだ普及していません。





  • スポンサーサイト