スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

リンパマッサージの方法

リンパマッサージは、リンパ液の流れる方向に向かってゆっくりやさしくさするようにマッサージします。
リンパマッサージの方法
リンパ液は最終的に左鎖骨の上にあるくぼみのところで静脈と合流して、そこで血液中に戻って心臓に戻りますので、まず鎖骨の上の部分からリンパマッサージしてリンパ液がスムーズに血液中に戻れるようにしてあげます。
リンパ節は足の付け根やわきの下、腹部などに集中して分布していますので、リンパ液をリンパ節に流し込むようにリンパマッサージしてあげます。
まず心臓に近いところから手足の指先へと順に遠いところへおこなって(さする方向は心臓の方に向かって)リンパ液の通り道を確保し、末端まで行くと今度は逆に手足の指先から心臓に近いところへと順に戻っていきます。

乳がんや子宮がんなどの手術や治療によってリンパ節を切除することによって二次性リンパ浮腫の場合は、その流れの悪い部分の流れをよくしてから全身のリンパマッサージを行うようにしないと、他の部分で活発になったリンパ液の流れがこの部分で滞留してしまいかえってリンパ浮腫の症状が悪化してしまうこともありますのでまずこの流れの悪い患部からリンパマッサージを行います。
一般的に乳がんではわきの下のリンパ節が切除され、子宮がんでは足の付け根のリンパ節が切除されます。
リンパ液の流れが悪いリンパ節に流さないように迂回させて流れの正常なリンパ節に流し込んであげます。


リンパマッサージとは?

リンパマッサージとは、リンパの流れに沿って心臓の方向に皮膚表面を手で優しくさするように行うマッサージで、滞ったリンパの流れを良くするために行う治療方法の1つです。
リンパ液の流れは血液における心臓ポンプのような働きをするものはないため、血液の流れとは違い非常にゆっくりで、運動など体を動かすことによる筋肉の収縮や胃腸の蠕動運動(イモムシのような動きで食べた物を移動させる運動)、呼吸による横隔膜の動きなど外部の動きの助けを借りないと流れていきません。
リンパの流れが悪いと老廃物や毒素が体内に停滞して肩こりや頭痛、肌荒れ、吹き出物など体の不調や病気の原因となってしまいます。
こうしたリンパの流れが悪くなることによって起こる体の症状を取り除くために生まれてきた技法がリンパマッサージなのです。

リンパマッサージというと、最近ではエステティックサロンでのデトックス効果やセルライト対策といった美容目的でテレビや雑誌などで紹介されて脚光を浴びるようになり、リンパマッサージの認知度は高まりましたが、生まれながらリンパの数が少ないためにおこる先天性リンパ浮腫(一次性リンパ浮腫)や子宮がんや乳がんの手術によるリンパ節の切除や破壊が原因でおこる後天性リンパ浮腫(二次性リンパ浮腫)などの治療、予防としても非常に有効な方法として病院で行っているところもあります。