スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

リンパとは?

リンパとは、一般的には私たちの体内に張り巡らされたリンパ管及びその中を流れるリンパ液のことを言います。
リンパ管は静脈に沿うように全身に張り巡らされていて、リンパ管が枝分かれしている分岐点にはリンパ節があります。
リンパ管のネットワークに胸腺、肝臓、脾臓、虫垂、骨髄、扁桃、パイエル板などの臓器や組織をひっくるめてリンパ系といい、病原菌からの感染を防御する働きをしています。
リンパ管には血液が回収しきれなかった細胞外液が流れ込み、頸部にある2つのリンパ本幹に向かって流れ、最終的には鎖骨下大静脈で血管と合流しリンパ液は血液中に戻されます。

リンパ系

リンパに働きは主に2つあり、1つは体内に進入してきた細菌やウィルスなどの感染の原因となる病原体をろ過して、攻撃し破壊してしまう免疫機能と、余分な水分や老廃物などを運ぶ運搬機能です。
ですから、リンパ管に異常があったり、リンパ液の流れが悪かったりなどリンパ系の働きがうまく機能しないと、免疫力が低下して病気にかかりやすくなり、また肩こりや頭痛、疲れやすいといった症状が現れるようになるのです。